マンションの浴室リフォームで風呂掃除が楽に?ユニットバスならカビ知らずか

あなたも浴室のカビ等にお悩みでしょうか。マンションだからこそ気密性が高く、かえって浴槽や壁にカビが生えることは少なくありません。

カビが生えれば当然掃除の負荷がかかるわけです。そこで、今回はユニットバスならカビが生えにくくなるのかを、最初にシェアしていきます。

ユニットバスはカビが生えにくいが・・・

基本的にユニットバスはカビが生えにくいです。もちろん、生えにくいというだけであり、それで掃除不要になるわけではありません。マンション戸建問わずにです。

なお、以下の二つが、ユニットバスに多く見られる素材です。

樹脂系パネル

ユニットバスによくある樹脂系パネル。保湿性があり乾きやすいのが特徴なので、カビが大量発生することもありません。

また、耐久性があるのでごしごし擦っても傷つかないので、もし汚れても気兼ねなく掃除できます。一方で、凡庸なデザインなのでオシャレを楽しみたい方には向きません。

あくまでも掃除のしやすさを優先します。

パネル

在来もユニットバスでも、双方に使われるのがパネルです。あるいは、「タイル」と表現されています。基本的にパネルは目地の間にカビが発生しやすいのが大きな欠点ですが、最近は目地の少ない素材も販売されています。

結果的に、カビが生えにくくなりましたが、あえてパネルを選ぶ合理的な理由はないように思えます。デザイン込みで浴室を楽しみたい方なら違いますが、掃除のしやすさ、清潔感を重視するならパネルは次点に回ります。

浴室にカビが生える4大要素

ユニットバスの素材によっては、カビが生えにくくなることが、おわかりいただけたと思います。他方で、浴室にカビが生えやすい原因も補足としてお伝えしておきます。

カビの原因は、「湿度」「温度」「酸素」「栄養」です。湿度と温度はあらためて掘り下げることはないですが、問題は酸素と栄養です。

カビも酸素と栄養がないと、人間同様に生きていけません。そして、ここで言う栄養とは、人の体から出る脂やアカ等です。

つまり、酸素をカットして脂やアカを残さずに落とすことが、カビの発生や拡散を防ぐことになります。

というわけで、在来よりか掃除は楽になるでしょうが、最新のユニットバスにしてもカビから逃れることはできません。

お風呂のカビを落とす4つの方法

では、ここから浴室のカビを落とす具体的な4つの方法をご紹介します。

【1】気合でスポンジやブラシで擦る(床と壁)

原始的な方法ですが、最もポピュラーな方法だと思われます。カビが生えているところスポンジや歯ブラシ等で擦れば、確かにカビは落ちていきます。

しかし、カビはほんの少しでも残っているとすぐに再生するので、スポンジやブラシを使う際はカビキラー等を併用しないと効果が半減します。私個人の体験を言えば、黒カビ部分に噴霧するだけでは足りず、やはり適度な力で擦った方が黒カビは落ちやすいですから。

ちなみに、カビキラーは乾いた状態で吹きかけないと、あまり意味がありません。なので、水を含んだスポンジで擦った後に散布します。

【2】ゴムパッキンのカビ落とし

ゴムは強く擦ると傷んでしまいますので、他の手段でカビを落とすしかありません。有効なのは、カビキラーやキッチンハイターを用いたつけ置きです。

具体的には、カビキラーかキッチンハイターを黒カビの上に噴射して、その上にラップをかぶせます。

場合によっては、薬液をしみこませたキッチンペーパーを黒カビ部分に張り付けてから、さらにラップで覆うという方法もありですが。

これで黒カビのほとんどは落ちますが、すでに深く浸透した黒カビを落とすことは不可能です。ゴムパッキンを交換するか諦めるかしかありません。

【キッチンハイターVSカビキラー】お風呂掃除に向くのはどちら?
あなたもお風呂掃除をするなら、キッチンハイター(キッチン泡ハイター)とカビキラーを使っているかもしれません。あるいは、まだキッチンハイターとカビキラーを使わないにしても、「どちらが黒カビに効果があるのか・・・」と気になっている段階か...

【3】目地の黒カビの落とし方

これは在来浴室の方は、ほとんど該当すると思われます。原則的には、前述のゴムパッキンと同じ対処法です。

目地を力強く擦るわけにもいきませんから、カビキラーを噴霧することが基本的なカビ落としです。

そして、熱いシャワーを浴びせることで、黒カビの大部分は死滅するはずです。ただ、これでも黒カビが落ちなければ、ホームセンターやアマゾンで買える「目地修正ペン」を上から塗ることで、見た目の白さは取り戻せます。

【4】50℃以上の熱い湯を黒カビにかける

最もシンプルな黒カビ落としを最後にご紹介します。お風呂を出るときにでも、黒カビが気になる部分に50℃以上のお湯を90秒間かけ続けます。

シャワーを使えば万遍なくかかるので、黒カビの拡散を抑えることができます。熱い湯をかけることで黒カビの成分が変性するそうで、こうなると死滅一直線になるとのこと。

週1で50℃のお湯を5秒かけるだけでカビ予防にもなるので、費用がかからない、人体に無害、とにかく楽と、三拍子そろったカビ退治です。

詳しくは、以前放送されていたNHKの「ためしてガッテン」のアーカイブをご覧ください。

参照:http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20160615/index.html

まとめ

マンションの浴室リフォームをすれば、お風呂の掃除が楽になる面はあるでしょう。在来で黒カビに悩んでいる方は、ユニットバスに変更すれば恩恵を受けることができるはずです。

ですが、ユニットバスに交換したからといって、掃除をしなくていいことにはなりません。やはり、毎日の掃除は求められるわけです。だからこそ、今回は少しでもカビを効率的に落とす方法をメインにお送りしました。

一方、リフォームで目下の黒カビ問題を解決を図ることもいいですが、「寒い」「狭い」といった問題を解消することが、リフォーム本来の役割と言えます。

お風呂掃除の他にも冬の寒さやスペースが頭痛の種でしたら、これらの悩みを解決するためにリフォームを検討されてはいかがでしょうか。

とりわけヒートショックリスクは年齢問わずはらんでいますので、他人事と思わず受け止めることが大事なことだと思われます。

テキストのコピーはできません。